fbpx

アルトサックス マウスピース ジャズ 4

しかしもっとも注意すべき点は、どのメーカーのマウスピースにするのか、 つまり、同じメーカーの同じ種類のマウスピースでも、 例えば、クラシック(吹奏楽等)であれば、初心者に向いていると 信頼のおけるある程度の演奏レベルにある指導者の方に、 そこで今回の記事では、サックス用マウスピースの選び方とおすすめのマウスピースについてご紹介します。これからサックスを始めようと考えている初心者の方も要チェックですよ!, エボナイトは、「ハードラバー」とも呼ばれる、サックスのマウスピースにおいてもっともよく使われる素材です。ジャズやクラシックなどどんなジャンルの音楽でも使うことができるため、マウスピース選びに迷ったら、まずこの素材のものを選んでおくことをおすすめします。, 真鍮など金属を素材にした「メタル」マウスピースは、大きな音量とキラキラとした華やかな音色を持ちます。そのため、ジャズやロックなどポピュラー音楽を吹きたい方、そしてソロより目立つ演奏をしたい、という方におすすめです。存在感の強い音のため、合奏では溶け込みづらく感じられるでしょう。, 反対に、ティップオープニングが広いマウスピースは、「息を吹き込みすぎてリードミスしてしまうことがある…」という方におすすめ。鳴らすには多くの息が必要ですが、吹き込んでもリードミスしづらくなります。, また、音色は派手に、音量も増すため、合奏で音色をとけ合わすにはコントロールがある程度必要ですが、自分の音が埋没しない音量を出したい場合に適しています。, なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月27日時点)をもとにして順位付けしています。, 真鍮に銀メッキを施したマウスピース。60年以上サックスを作り続けている国内のブランドによる製品で、一つずつ丁寧に作られています。ソプラノならではの華やかで響きのある音を出したい方におすすめのメタルタイプです。開きやフェイシングは標準的で吹きやすく、高い品質がわかります。, 見た目も美しく、特に銀色のソプラノサックスにはよく似合いますね。ジャズのソロなどでは目立つことができるでしょう。クオリティの高い製品でよりよい音を目指したい方におすすめですよ。, 元々はアルトサックス向けに作られたシリーズですが、ソプラノ用も仲間入りしたセルマーのコンセプト。豊かで丸みのある音色、そしてレスポンスのよさを特徴としています。あまり肺活量がないという方でも、表情をつけやすいでしょう。, 従来のソプラノ用よりくわえる部分が広くなっているため、アルトサックスを吹き慣れている方にもおすすめ。反対に、ECサイトでは、このマウスピースを使ってみてアルト用も購入したという口コミも見られますよ。, 開きは小さめで、フェイシングは標準的。息が足りずにソプラノの高くて響きのある音が出しづらいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。, 日本のマウスピース専門メーカーが作っているこだわりの逸品です。錫合金で作られたこのモデルは、特にフュージョンやポップスにおすすめ。フュージョン黄金期のデザインをベースに、メーカーが独自に仕上げた製品です。, メタル特有の明るさを持ちながらも、倍音豊かな太い音色が特徴。ゴッツのマウスピースの中でも錫合金を使用しているのはこのモデルだけなので、ユニークなサウンドが楽しめますよ。存在感と表現豊かな音で、ソロにも向いています。, コントロールが難しいため初心者向けとはいえません。使いこなすうちに表情豊かな魅力が醸されていくところが、プロのサックス奏者からも愛用されている理由です。, 音程のコントロールがしやすく、どの音域も均一に鳴ってくれるのも嬉しいポイント。プロ奏者の中にも愛用者が多いのもうなずける、完成度が高いマウスピースです。プロはもちろん、初心者でも十分使いこなせるでしょう。, ソプラノサックスならではのハイトーンもきれいに出せるこのモデル。ティップオープニングは4段階展開しているので、求める音色によって選ぶことができますよ。オールマイティーな製品の特長を生かしたいなら中間サイズがおすすめです。, マウスピースやリードのメーカーとして有名なバンドーレンの、比較的新しいシリーズです。吹きやすさを重視し、息が入りやすい構造となっています。あまり息が強く入れられない方でも、幅広い音色が出しやすいでしょう。, くわえる部分の形も従来のマウスピースから改良されており、演奏が快適に。練習で長時間吹き続ける際にもおすすめです。ずっと吹いているときもできる限りきれいな音色を保ちたい、という方にぴったりですよ。, ハードラバーとはいっても、シリコンゴムを使って作られた少し変わったマウスピース。この素材によって、音色だけでなく耐久性もアップしています。熱や摩耗にも強く、長く使えるでしょう。, 初心者の吹きやすさを追求したモデルで、明るい音色が特徴。ジャズ用マウスピースを専門とするメーカーの手作業によるこだわりの製品で、性能には期待できますね。ジャズ用の演奏しやすいものをお探しの方に◎。, 上部はエボナイト製、接続部はゴールドプレートという独特な構造のマウスピースです。見た目がユニークなだけでなく、ラバーとメタルそれぞれの素材の持ち味を生かしています。, エボナイトによって吹きやすさを持たせ、そこに金メッキを加えることで抵抗感をプラス。息をしっかり入れたい方におすすめです。金属部分は内部のバッフル付近まであり、ずっしりとした重厚感があります。, ダークな音色がベースですが、コントロール次第では明るい音を出すこともでき、幅広く豊かなサウンドが魅力。どんなサックス奏者でもイントネーションをつけやすいタイプで、特にジャズやフュージョンを演奏する方におすすめですよ。, マウスピースメーカーとして有名なセルマー・パリの製品ながら、非常にリーズナブルな価格の製品です。サーモプラスティックポリマーという新素材を用いて、従来のセルマーの製法で作り上げられています。, 音質はハードラバーとそっくり。息が入れやすいため、曲の頭から音を出しやすいのが特徴です。初心者にも扱いやすい上に、ホール全体に響き渡るサウンドを出すことができますよ。, まさに、きれいに音を出したり響かせたりが難しいと感じているビギナーにちょうどいいマウスピースと言えるでしょう。まず入門編として購入するなら、押さえておきたい商品です。, ジャズでも吹奏楽でも幅広く活躍するアルトサックスには、やはり幅広いジャンルに合うマウスピースがいいですね。セルマーのS90は、あらゆる音楽のスタイルに合った演奏を可能にする汎用性の高い製品です。初心者からプロまで使えますよ。, ダイレクトかつ柔軟に音を出すことができ、吹きやすいのがシリーズの特徴。レスポンスもよく、高い音も出しやすいタイプです。ほかのマウスピースで音が出しにくかった方も、試してみると違いを感じられるかもしれません。, 特にポップスからジャズ、クラシックまでさまざまな演奏をすることが多い吹奏楽では活躍するでしょう。この定番タイプを備えておけば、多様な楽曲を心地よく演奏できそうですね。長めのフェイシングで、表情も豊かにつけられますよ。, Otto Linkのこちらの製品は、半世紀以上もの間使われ続けている定番のマウスピースです。甘く囁くようなサブトーンから太くソリスティックな音まで奏でられる性能の高さで、現在に至るまで多くのプロ奏者に使用されています。, メッキには金が採用されているため音にはパワーがあり、しっかり響きます。音色の輪郭ははっきりしていますがキツすぎることはなく、むしろ温かみがあるように感じられるでしょう。サイズのバリエーションも豊富で、出したい音色により近づけるために選べます。, あらゆる演奏スタイルにおいて、均一の安定した音を届けます。ジャズはもちろん、吹奏楽やクラシックなど、幅広いジャンルに対応できるポテンシャルがポイント。温かみのある音で、さまざまなジャンルを演奏したい方におすすめです。, 高音から低音までレスポンスがよく、ボリュームを均一にする設計になっています。ジャズなどで音域の幅が大きい楽曲では重宝するでしょう。温かみのある豊かな音で、表現をつけるための手助けにもなるはず。, ティップオープニングの幅も、ほかのセルマー製品と同様に5段階用意されています。息の強さや、欲しい音色に合わせて適したものを選びましょう。多くのサックス奏者が使っている定番モデルの温かい音色を、一度体感してみませんか?, 各種サックス用のマウスピースとして人気の定番シリーズS90。テナーサックス用もやはり人気を誇っています。各サックス用にシリーズ展開しているため、パートを転向した時にも違和感なく安定した演奏ができそうですね。, クラシックからポップスまで、幅広いジャンルに合わせられる柔軟性が魅力。特にストレートで均質な響きが持ち味で、温かいながらもシャープな音色はさまざまな楽曲にマッチします。, 学生からプロまで、多くの演奏家に親しまれているモデルです。これさえあれば、古典吹奏楽からジャズまで多様な曲調にもオールマイティに対応できるでしょう。, ジャズ用マウスピースの老舗メーカーとして有名なOtto Linkの100周年を記念した豪華なモデルです。定番のテナーサックス用マウスピースの新版。フロリダで製造を行っていた50年代の音をイメージし、新しく作り直されています。, 24K金メッキで仕上げられた本体に、シリーズのキャップやリガチャーも金色でゴージャスな見た目。ボディにはブランドロゴはもちろん、U.S.A. ギターよりも扱いやすく、それでいて奥深い音色を奏でられる「ウクレレ」。初心者向けとしてはソプラノサイズが一般的ですが、中級者からは音質にこだわって2本目を検討する方も多いのではないでしょうか?ボディの素材や弦、ペグの種類など、それぞれの違いを知れば、自分好みのウクレレを選びやすくなります... haru kurokamiスカルプの悪い口コミや評判は本当?実際に使って効果検証レビュー. どうか?という点だと考えられます。 一般的に言われているのは、セルマーS80やS90、ジャズであれば、 初心者の方は、最初のうちは自身の好みの音色や吹奏感等が当然わかりませんので、 今回のブログではジャズにお勧めなマウスピース、リード、 リガチャーのお話をしたいと思います。 色々なご意見や考え方がありますので定番のものを紹介しなぜそれが 定番と呼ばれているのかを書きたいと思います。 ★アルトサックス メイヤー5番 という事よりも、購入するマウスピースがちゃんと鳴らしやすいマウスピースなのか 上達を妨げてしまうことは明らかです。 こんにちは、ジャズサックス講師の久保崎です。 今日はマウスピースとリードの、お勧めの組み合わせをご紹介します。 定番のクセが無い物⇒初心者向け お勧めしたい無… 一般的によいと言われているマウスピースを選べば間違いないと思います。 その多くが大量生産されているため店頭に並んでいるマウスピースには 趣味としてピアノを手軽に楽しみたい、夜中にも練習したい、子どもに購入してあげたいというときにぴったりなのが「電子ピアノ」です。しかし、ヤマハ・カワイ・カシオ・ローランド・コルグなど各メーカーから様々なモデルが出ていて、音色や鍵盤のタッチが異なり、録音機能などの付属機能もそれぞれに特徴があるので... 特定の方向から来る音だけをキャッチする「指向性マイク」。主に単一指向性・双指向性の2タイプがあり、USB端子でPC接続できるものが人気を集めています。ゲームしながら通話もできるヘッドセット型や、外でも使える小型など種類もさまざまで、通販サイトで多く取り扱われており、一体どれを選べば良いの... ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】, ライブハウスやカラオケ店でよく目にする「ダイナミックマイク」。SHUREやaudio-technicaなどの有名オーディオメーカーから、さまざまな商品が販売されています。しかし、マイクを購入する場合、スペックにも違いがあるため、どのマイクを選ぼうか迷ってしまいますよね。, ボーカルや楽器の音を繊細に拾う「コンデンサーマイク」。ゲーム実況や動画配信をしている方にとっても欠かせないアイテムです。しかし、指向性や音質、周辺機器との相性など選ぶときのポイントが多く、どこに注目して選んだらいいのか見ただけではわからないものですよね。. ジャズでも吹奏楽でも幅広く活躍するアルトサックスには、やはり幅広いジャンルに合うマウスピースがいいですね。 セルマーのS90は、 あらゆる音楽のスタイルに合った演奏を可能にする汎用性の高い製 … 管楽器PLAZAニュースでは、新製品情報や管楽器にまつわる様々な情報を発信しています, 記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。, <金管楽器>【新製品】デニス・ウィックスより飛沫拡散防止アイテム”ストレッチャブルベルカバー”登場, <リードケース>【新製品】VIVACE(ヴィヴァーチェ)からキュートな布貼りリードケース発売, <楽譜>【新製品】かさばる吹奏楽譜を見やすく管理できる楽譜整理ファイルボックス、Librarian!(ライブラリアン! サックスのマウスピースは多くの種類があり、それぞれに特徴があるためマウスピース選びに悩むプレイヤーは多いのではないでしょうか?今回はマウスピース選びの下準備として、マウスピースの構造を … あたりになるものと アルトサックスでジャズを演奏するなら、音色・表現ともに最もスタンダードと言えるモデルです。吹き方次第で様々なサウンドを出せることから、初心者から上級者まで幅広い方に愛用されています。 ベースメイクの印象を大きく左右するファンデーション。40代になると、肌の乾燥が加速。気になる部分も増えてきて、どのファンデーションを使ったらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。また、プチプラからデパコスまで価格帯もさまざまなうえ、カバー力や崩れにくさなど、知りたいことは口コ... ゲーム機本体、プレイステーション4(PS4)ソフト、プレイステーション3(PS3)ソフト, サックス用マウスピースのおすすめ人気ランキング20選【エボナイト・樹脂・真鍮製も】. アルトサックスやテナーサックスを初心者の方が始める際、最初に使うマウスピースの選定は、大変重要な要素だと考えられます。 思われます。その他のメーカーでももちろん初心者向きのものはいろいろとあります。 アルトの場合はメイヤー、そしてテナーの場合は、オットーリンクやヴァンドレン これは非常に残念なことですので、最初にマウスピースを購入される場合には、 エレキギターとはまた異なった、優しくあたたかみのある音色が魅力的なアコースティックギター。「ぜひ弾いてみたい!」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、Fender(フェンダー)・YAMAHA(ヤマハ)・Yairi(ヤイリ)などさまざまなメーカーがある上、サイズ感や値段にも幅が... アコースティックギターのサウンドを左右する弦。MARTIN(マーチン)・DADDARIO(ダダリオ)・YAMAHA(ヤマハ)など色々なメーカーから販売されていますよね。しかし、フォスファーブロンズや80/20ブロンズなど素材もさまざまなうえ、太さにも種類があり、どれを購入すればいいか迷っ... 家庭用カラオケマイクのおすすめ人気ランキング10選【練習用・パーティーにも大活躍!】, エコー・録音・採点などの機能が搭載されており、自宅でもカラオケボックスさながらの臨場感を楽しむことができる「家庭用カラオケマイク」。そんな家庭用カラオケマイクですが、多くの曲が内蔵されたタイプや、スマホと連動して使えるタイプなど、さまざまな種類があります。. その理由は、現在、有名なマウスピースメーカーで作られる製品は、 初心者のサックスプレイヤーの方がそのようなマウスピースで練習をすると、 <リード>【新製品】ファイバー製リードのレジェールよりJAZZ向けのAmerican Cutシリーズ... 軽やかな吹奏感。程良い抵抗感があり、吹き過ぎや息の入れすぎを軽減してくれます。少ない息でも効率よく音を鳴らすことができ、音程も安定しやすいです。, クラシックや吹奏楽で演奏するなら、誰しも一度は手にして頂きたいモデル。繊細さとパワフルさを併せ持ち良く響きます。このマウスピースでエチュードを吹くことで正しい奏法を身に着けられます。, 軽やかな吹奏感。180と同様に程良い抵抗感がありとてもコントローラブルで音程も安定しやすいです。, 1980年代から続く、クラシックの定番マウスピース。明るくまろやかな音色で、クラシックのソロやアンサンブル、吹奏楽にもオススメ。180と同様に、このマウスピースでエチュードを吹くことで正しい奏法を身に着けられます。, ソロや少人数編成のアンサンブルでクラシックを演奏するのにオススメ。とても吹きやすいので長時間の練習でもストレスを感じずに吹けます。, ダークで艶やかでありながら、枯れたサウンドが魅力の正統派ジャズアルトサックスの音色。, ほど良い抵抗があり、コシの柔らかめのリードとジャズのアンブシュアで吹けばとても鳴らしやすくコントロールも容易です。, 全体的にレスポンスは早い。低音はやや重たく、高音はややつまり気味な傾向がありますが、それがまたジャズのアルトっぽい味を醸し出します。, Vandorenトラディショナル、JAVA、ZZ、ダダリオジャズセレクト、LaVoz, アルトサックスでジャズを演奏するなら、音色・表現ともに最もスタンダードと言えるモデルです。吹き方次第で様々なサウンドを出せることから、初心者から上級者まで幅広い方に愛用されています。, 基本的にはメイヤー系統のダークな音色ですが、よりブライトです。ソロからコンボ、ビッグバンドなど幅広い演奏スタイルに対応できます。, 抵抗は軽めでスムーズな吹き心地ですので、初心者でも比較的楽に吹くことができます。高音域や小さい音のコントロールが容易なのも魅力。, 全音域で音の粒立ちが良く、強弱変化も容易。速いパッセージもはっきりと応えてくれます。, 完全機械生産のため、個体差が少なく、コストパフォーマンスも抜群。万能なマウスピースが欲しい。これからジャズを始めるという方に非常におすすめです。, Jazzラバー系マウスピースの中では最もブライトな音色。エッヂの効いたサウンドはロック・ファンク・電子音楽において存在感を発揮します。, ティップ・オープニングが広めなのでしっかりと息を吹き込むことが必要。他のマウスピースと比べると難易度は高め。高音域の音程や小さい音などは、ブレスコントロールが求められます。, 中級者以上の方にお勧め。吹き方をコントロールすることでキレのあるサウンドからメロウなサウンドまで表現できるレンジが幅広いマウスピース。さらに細くなりがちな高音域やフラジオでもパワフルなサウンドが得られるのも魅力です。, 明るく、エッジのあるサウンドで、フュージョンやポップスでは華やかに響きます。メタルマウスピースの中では落ち着いたキャラクター。, 程よい抵抗感があり、息もまとまるためコントロールが容易です。メタルマウスピース特有の重さは、最初のうちは慣れが必要でしょう。, やや重めのレスポンスですが、仕上げの良さから全音域で均一に鳴らせる為、ストレス無く演奏可能です。, メタルマウスピースらしい明るくパワフルなサウンドでありながら、とてもコントロールがしやすいマウスピース。ポップス系~歌ものロックなど、幅広く対応できる便利な一本です。, 非常にブライトでエッジの効いたサウンド。このモデル特有のピーキーなキャラクターが、特にファンク、ロック、スムースジャズでは大活躍。, 抵抗が強い為コシの柔らかいリードとの相性が良い。コントロールは難しく、奏者のブレスコントロールを求められます。, 反応は重たく、鳴り方にもハイバッフル特有のクセがあるので、慣れるまではやや時間が必要。, エレクトリックなバンドの中でも一際目立つ存在感を放つサウンド。コントロールは上級者向けですが、奏法やリガチャー・リードのセッティングによって温かみのある表現もできる奥が深いマウスピースです。. サックスマウスピースの選び方~初心者が失敗しないために~ アルトサックス用(定番マウスピース) Selmer S90 170(吹奏楽) Selmer S90 180(吹奏楽) Meyer 5MMもしくは4MM(ジャズ、ポップス等) テナーサックス用(定番マウスピース) Selmer S90 170(吹奏楽) Copyright (C) 2012-2020 SAXmen.jp All Rights reserved. 加工精度のバラつきがどうしてもあるのです。 サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタ … FLの文字も刻まれています。シリアルナンバー入りの特別感あふれるアイテムです。, マウスピース内の設計も見直し、当時の音を再現。プロのサックス奏者と職人が数年間かけて生み出した、古いけれど新しい逸品です。50年代のジャズのサウンドに憧れがある方、老舗メーカーの音を体感してみたい方はぜひお試しください。, パワフルなので、クラシックでも迫力のある音を出すのに活躍しそうですね。レスポンスがよいので、吹奏楽などでリズム感が求められる楽曲でも合わせて吹きやすいでしょう。開きは4種類の中から選ぶことができます。, 職人の手作業による製造で、安定したクオリティの楽器を作り続けているYANAGISAWAのメタルマウスピース。本体も作っている同社ですが、通常付属しているのはエボナイト製のものです。よりエッジを利かせたサウンドが欲しいという場合はぜひこちらを合わせてみましょう。, 日本のフュージョン奏者にも多く使われているというメタルマウスピースで、パワフルでコントロールしやすいのが魅力。ジャズなどで低音をガンガン響かせたいときに活躍します。ぜひこの高品質を体感してみてくださいね。, サックスのマウスピースでは定番のセルマーのS90。最低音のAまで出るバリトンサックスに対応したモデルです。なんといっても、このシリーズの特徴はあらゆるジャンルの音楽に柔軟に対応できること。クラシックからジャズまで、いろいろな場面で活躍するでしょう。, ダイレクトに均等な音が出やすいので、初心者にもぴったりです。吹奏楽ではマーチやポップスなどで同じ動きを繰り返すことも多いバリサク。そんな場面でも、きっちりと同じ音をキープするのに役に立つことでしょう。, 効率よく音が出しやすいので、肺活量が重要な低音楽器でも鳴らしやすくなるのではないでしょうか。初心者からプロまで、さまざまなレベルのプレーヤーから愛される定番製品ですので、吹きやすさを求めるなら検討の価値ありです。, 演奏のしやすさに関しては、コントロールしやすいというECサイトの口コミも見られます。安定した品質が自慢のメーカーなので、どの製品でも同じような吹きやすさが期待できますね。丁寧に作られたこだわりは、音にも反映されることでしょう。, バリサク用のマウスピースの中でも特に長めのフェイシングで、音を和らげる効果も。比較的どんなジャンルにも合いやすいエボナイト製なので、もちろん吹奏楽用にもおすすめ。実際にいろいろな曲を吹いて、高品質を確かめてみてくださいね。, ヤマハのサックス用マウスピースは2種類ありますが、ここで紹介するのはスタンダードタイプ。フェノール樹脂製で、レスポンスがよく吹きやすいのが特徴です。透明感のあるサウンドが出せるのも魅力。吹奏楽の軽快なリズムのマーチやポップスなどで活躍しそうですね。, サックス用マウスピースとしては安めの価格帯もポイント。まだ始めたばかりの方は、扱いやすいこちらの商品から始めてみるのもいいでしょう。吹きやすさも価格も、入門用にぴったりですよ。, ティップオープニングやフェイシングも、バリトンサックス用としては標準的。どこの楽器店でも必ずといっていいほど名前を見る日本の大手メーカーですから、試奏も手軽にできそうですね。マウスピース選びに迷ったらまず最初に試してみたいアイテムです。, サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, サックスの音色を左右する大きな要素のひとつが、マウスピース。しかし、その種類は多様で、どれを選べばよいのか迷ってしまうものですよね。, おすすめのマウスピースをご紹介する前に、まずはサックス用マウスピースの選び方についてご紹介します。ぜひマウスピース選びに活用してくださいね!, サックスには、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンといった種類があり、それぞれ楽器の大きさが異なります。そのため、マウスピースを選ぶ際にも、, サックス用のマウスピースに使われる材質は複数あり、それぞれ音色や見た目が異なります。素材ごとの特徴をチェックし、自分に合ったものを選びましょう。, アクリル樹脂やフェノール樹脂のマウスピースは音が鳴らしやすく、レスポンスも良好。そのため、, ティップオープニングとは、「マウスピースの開き」とも呼ばれ、マウスピースの先端と装着したリードの先端との隙間の幅のことを指します。, マウスピースの多くは、手作業で仕上げられます。そのため、同じ製品であっても、一台一台個体差が発生してしまうもの。より吹きやすいマウスピースを見つけるためにも、, ここからは、おすすめのサックス用マウスピースについてご紹介します。まずは、ソプラノサックス用のマウスピースから。ソプラノサックス奏者のみなさん、要チェックです!, 次にご紹介するのは、アルトサックス用のマウスピースです。ジャズでも吹奏楽でも花形として愛されるアルトサックス。マウスピースを見直すことで、音色をもっともっと素敵にしてみましょう!, 次は、テナーサックス用のおすすめのマウスピースをご紹介します。テナーサックス奏者のみなさんはぜひ参考にしてみてくださいね!, 1950年代に愛された名品を復刻したのが、こちらのソロイスト。色彩感の豊かな音色で、メロディーをしっかりと歌い上げることができるマウスピースです。低音でもはっきりアタックをつけることができるのも魅力。, 初心者から上級者にまで愛される、不動のロングセラーマウスピースといえばこちら。今日におけるテナーサックス用マウスピースのスタンダード的な存在です。とにかく, 最後にご紹介するのは、バリトンサックス用のマウスピース。マウスピースを見直すことで、魅力的な渋い低音をもっと豊かに響かせましょう!, サックス奏者のユージン・ルソー氏監修のマウスピース。現代サックス界の巨匠とも呼ばれるルソー氏のアイディアがふんだんに取り入れられたこの製品は、, 今回ご紹介してきたマウスピースとともに、音作りの要であるリード。リードについても、材質や厚さなどによって得られる音は異なります。以下の記事では、そんなリードのおすすめ商品も数多くご紹介しています。こちらもぜひご参照くださいね。, 今回はサックス用のマウスピースについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?マウスピースひとつで楽器の音色を大きく変えられるのは、サックスの面白さのひとつ。ぜひ、今回の記事を参考にしながら、その面白さを存分に味わってみてくださいね!.

山口百恵 父親 医者 15, 赤十字病院 診断書 料金 9, そこのみ に て 光輝く 感想 14, ハイキュー アニメ 感想 3話 6, Cevapro 自転車 サドルカバー 8, 広瀬香美 ロマンスの神様 Mp3 16, 夫の髪を切る バリカン 短髪 4, 鉄腕ダッシュ 視聴率 グラフ 6, たけのこ 乱切り 切り方 34, Voicy ダウンロード Pc 8, ニンフィア 夢特性 作り方 29,

, November 18, 2020

Leave a Reply

Your email address will not be published Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

No Comment Yet

Got something to say? Feel free, we'd love to hear your thoughts.

Leave a Comment